ハンドセルフィーとは

カメラで自分の手を撮影してチェックすることで、手あれに気づき、重症化する前にハンドケアを行うことです。

カメラで自分の手をチェックしてみましょう!

[撮る]自分の指先をスマートフォンで撮影し、その画像を拡大(ピンチアウト) [気づく]今まで気づかなかった指先のかさつきやささくれを見つける(認識する) [ケアする]重症化する前に指先ケア(ハンドケア)を行う。

ハンドセルフィー撮影方法

指先や、ご自身が気になる部分を撮影しましょう

ハンドセルフィー
利き手の指先が見えるように軽く手の平をにぎる。 スマートフォンのカメラから10cmほど離して指先を撮影する。※位置はピントが合うように微調整してください。 撮影した写真を拡大して見る。※ツメの生え際、指の腹などに注目してください。

ケア方法

お家で実践!夜寝る前のケア

ユースキンAを使ったハンドマッサージ
ハンドケア大使kyonco_kyonさん(Instagramアカウント名@kyonco_kyonさん)に実際に挑戦してもらいました!
クリーム量の目安

指先荒れに関するアンケート

実際にハンドセルフィーをやっていただきました!

写真を通して、ご自身の指先を見て<br>想定していた指先と比べていかがでしたか?

きれいだった23% きれいではなかった77%
きれいだった
きれいではなかった
【調査概要】
 調査対象 : 20代~50代の働く男女412名
 条  件 : 居住地全国の職業手あれを除く、スマートフォン、タブレット端末、パソコンを日常的に使っている方
 調査方法 : インターネット調査
77%の方がきれいではなかったと回答しました。 あなたの指先はどうでしょうか? 早速“ハンドセルフィー”してみましょう