皮膚科医に聞く 手あれ症状別アドバイス

手あれには、いろいろな症状があります。

それぞれの手あれのレベルにあわせたスキンケアアドバイスを、野村有子先生(野村皮膚科医院 院長)に伺いました。

写真提供:野村皮膚科医院

  • 手あれ予備軍

    症状:
    軽度のカサつき・カサカサ・乾燥
    アドバイス
    寒い季節だけではなく、通年をとおしてケアをすることで、手あれの予防ができるでしょう。
  • 手あれ

    症状:
    皮がむける・軽くひび割れる
    アドバイス
    手を洗ったらきちんと水気を拭いて、その都度ハンドクリームを塗るこまめなケアを。手あれがひどくならないように、常に手をいたわってあげましょう。
  • ひび・あかぎれ

    症状:
    ひび割れが目立つ・ゴワゴワ硬い・赤みが目立つ
    アドバイス
    水仕事は極力避けて、こまめにハンドクリームをたっぷり塗りましょう。その後に綿手袋をして、手を保護するようにしてください。
  • 手湿疹

    症状:
    ひび割れから出血し痛みを伴う・皮むけが目立つ・赤く腫れあがる
    アドバイス
    水仕事をする時は、必ず綿手袋の上にゴム、もしくはビニール手袋をしてください。家事をする時には常に綿手袋をして、素手での作業は避けてください。
  • 手湿疹・ただれ

    症状:
    痛くて指を曲げられない・じゅくじゅく黄色い汁が出る・水ぶくれができる
    アドバイス
    セルフケアでは改善できないので、すぐに皮膚科で診察を受けてください。