<p>ご利用のブラウザはJavascript機能が無効になっています。<br> 無効の状態ですと、ページの表示に影響があったり、一部機能がご利用になれない場合がございます。<br> Javascript機能を有効に設定してからご利用くださるようお願いします。</p>

教えて、ユースキンA。

トップへもどる

どうして冬は手が荒れやすい?
手あれを正しく理解して正しいケアを。

冬に手あれが起こりやすいのは、大きく2つの理由があります。
① 気温も湿度も低下する冬は、肌が乾燥しやすい状態に。乾燥した肌はバリア機能が低下し、外からの刺激に弱く手あれをおこしやすい。
② 冬の時期は「お湯の使用」や「大掃除」など手を酷使する機会が増える。
この2つの原因により、冬は特に手あれへの注意とケアが必要なのです。

アドバイス

水仕事の時はゴム手袋を使用して手をガード

夜寝る前、ハンドクリームをいつもよりたっぷりと

保湿効果を高めるために手袋を着用

トップへもどる